優希の『ペットのお助けたい!』
犬を中心に、ペットサービス・しつけ・ペットカフェ・ペットショップ等の情報をお届けします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペットショップサービスについてご意見下さ~い!
私の頑張ってる事は、ペットショップの新しいサービスを検討することですが
果たしてこれが受け入れられるのかどうか不安な状況でもあります。

さらに説明が分かりにくい!
それを改善しているところです。

そこで、単純に良い!悪い!をブログで聞いちゃいます!
是非、ご協力お願いします!



■ペットを通じたコミュニケーション構築サービス
ペットショップでサービスを利用していただく時に会員を募集します。
それは、一般的なポイントカードやメンバーズカードとは一線を画した
新しい、ペットコミュニティサービスの会員カードとなります。

会員になると様々な特典があります。
それは、次にあげる5つのサービスを利用できる事です。
①ペット情報共有サービス
②里親・里子サービス
③しつけサービス
④高齢者支援サービス
⑤健康管理サービス

会員になる資格は6つのマナーを守る誓約書と
犬を飼ってらっしゃる方には、犬の十戒の誓約書にサインしていただきます。
さらに、里子サービス登録希望者は身分証明を提示する必要があります。
(里子サービスは5-2-2で説明します。)

6つのマナーとは
ペットを飼うときのマナーとは
①ご近所様に迷惑にならない。(吠え、排泄物、リードを外す、毛を巻き散らかさない等)
②ペットが死を迎えるまでチャント面倒をみる。
③ペットと楽しく人生を送る。
④ワクチン接種をきちんと受ける。
⑤避妊の管理をする。
⑥他のペットや人にちょっかいを出さないようにする。

犬の十戒とはこの10の犬からの約束事になります。
①私にあなたの望みをわかるまで時間をください。
②私を信じてください。それだけで私は幸せなのです。
③私にも心があることを忘れないで下さい。
④言うことを聞かないときには、ちゃんと理由があります。その理由を考えてください。
⑤私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、ちゃんとわかっています。
⑥私をたたかないで下さい。私は本気になったら強いんです。あなたをかみたくないんです。
⑦私はあなたと同じように年を取ります。ずっと仲良くしてください。
⑧あなたには他の楽しみもあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいないのです。
⑨私は10年くらいしか生きられません。ほんのわずかな時間でも私といてください。
⑩私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。あなたがいるだけで安らかに死ねるんです。
 そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

こうした、飼う為の情報を共有する事から1番のペット情報共有サービスは始まります。
ペットショップを中心に、飼い主さんたちのコミュニケーションの輪を広げます。
そして、ペットショップが飼い主さんたちのかかりつけのペットショップになるんです。

かかりつけのペットショップでは何ができるんでしょう。
□ペットの病気に対する知識を集め、それを伝える事が出来る。
□ペットと一緒に入れるレストランで食事会を開く事が出来る。
□ペット可店舗のルールを理解することが出来る。
□ペットに合わせたフードの情報を交換することが出来る。
□ペットを飼う時の悩み事を話して解決することが出来る。
□ペットだけじゃなく生活の悩み事まで相談出来る。
□引越しして飼えなくなりそうな時にコミュニティから仲の良い人が引き受けてもらえる
 可能性が出来る。
□高齢者が体調を悪くして飼えなくなった時に引き受け先が見つかる可能性がある。
□ペットの死の悲しみもコミュニティの仲間がいれば乗り越えやすくなる可能性がある。
□お客様が希望すれば、お客様自信も出演するコミュニティ情報誌を無料購読できる。


ここまでで、判断していただけたら嬉しいです!
よろしくお願いします!!






管理者にだけ表示を許可する


私なんかが良い悪いと、言える立場ではないような気がしますが…
単純に…「良い」ですっ(*^^*)
飼い主からの目線と、飼われているペットからの目線の
バランスがとれていると思います。
飼い主側からすると、これ以上のサービスはないのでは?というくらい
サービス内容が充実しているように感じます!
とても分かりやすいですよ!
じょりー | URL | 2008/06/02/Mon 13:41 [EDIT]
これは、顧客会員がサービスを受け、
ペットショップがサービスを提供するのでしょうか?無料で?
だとすると、ちょっとペットショップの負担が大きいような気がします。
サービスを受けるというよりも会員コミュニティでの交流があって、
その中で助け合いが生まれる可能性があるということでしょうか?
ペット以外の生活相談とか、しつけサービス、里親、引き受け先など
情報提供や助け合いだけで実現するのかな?と思いますし
サービスの内容はとても良いと思いますが
実際「サービス」を受けられるのか「可能性」があるだけなのか
私にはちょっとわかりにくいような感じです…。
せいの | URL | 2008/06/02/Mon 17:58 [EDIT]
じょりーさんへ
ありがとうございます!
自信がつきました!!
頑張ります!!
優希 | URL | 2008/06/03/Tue 07:47 [EDIT]
せいのさんへ
早速せいのさんの視点を取り入れました!
サービス料金表はあった方が分かりやすいですね!!
そのほか、こまごまと追加しました!

本当にありがとうございます!!
優希 | URL | 2008/06/03/Tue 07:48 [EDIT]
私は、絶対にいいと思うv-7
お陰さま風邪睡眠とったらどこかにいちゃった
みほ | URL | 2008/06/03/Tue 10:32 [EDIT]
みほさんへ
ありがとう!
方向性は間違ってないな!
自信がつきました!
風邪治ってよかったです!
優希 | URL | 2008/06/04/Wed 10:25 [EDIT]
こんにちは。(^_^)

なんかマジメに?考えて読まないといけなくて、ずっと後回しで遅くなってしまいました。
 (^_^;)

なんかPC画面でどわーっと書いてある文章を読むのって、わりと苦手なところがあるのね。しかも、マジメに読まなくては・・・
(・_・)むぅ。。。

 そう、でこもいい悪いを言える知識も器でもないのだけれど、せいのさんの言うように、ペットショップの負担が非常におおきそう。。。

ショップがボランティア的にやるのだろうか。
どこまでその負担に耐えられるのだろうか。
やる気になるペットショップさんはどのくらいあるだろうか。
確かに飼い主側からすると良いですね。ってことになるかな。
ペットショップ側からするとえ~!ってなるかも。

まぁ、ショップは全部をやるわけじゃなくて、その中からいくつかでもやるっていうぐらいなのかな。

 なにかペットショップで出来ることって敷居が高いような印象が・・・
なんにしてもとりあえずはあらゆる意味である程度は採算があわないとねぇ、

 なにか的外れかも・・・。
すまぬ、あまり頭が回らない・・・。

しかし、良いことを考えるね。。。
(^_^)b




でこ | URL | 2008/06/08/Sun 13:35 [EDIT]
でこさんへ
そうなんですよ!
ショップは出来るサービスを選択するんです!

丁寧に検討していただきありがとうございます!
今週には動き出しますよ!
優希 | URL | 2008/06/09/Mon 14:42 [EDIT]
先ずは生体の陳列販売をやめないと、販売側が
犬好きとか言えないですね。無論安易にショップで購入する側もですが
かな | URL | 2008/12/25/Thu 20:37 [EDIT]
かなさんへ
> 先ずは生体の陳列販売をやめないと、販売側が
> 犬好きとか言えないですね。無論安易にショップで購入する側もですが

コメントありがとうございます!
現状では生体陳列がお客様の常識になっています。
常識を変えるというのは簡単な事ではありません。
常識のある人なら常識を変えようと思わないでしょうね~

だからこそ、非常識な人間が改革していくんだと思います!
優希 | URL | 2008/12/27/Sat 19:49 [EDIT]
こんばんは。
こちらこそご返事ありがとうございます。
そうですね。日本は動物後進国。ショップの陳列販売が常識というか、
当たり前になっていますからね。
ですが、海外から見れば、ショップの陳列販売は非常識、虐待です
[中国や韓国等除く]
イギリスとかは元はありえない程の動物後進国、いや、虐待国だったが故に、今の状態に。
それを日本ができない訳はありません。
狭い玄関先で、短い繋留鎖で繋がれたり、
毎日毎日排気ガス吸わされ駐車場で繋がれる等々の番犬扱いも日本は恥ずかしい。
安物毛皮の小物や服に、犬猫が使われ、フォックスだチンチラだと虚偽販売されてる事実も知り、考えてから購入をと望む。個人的には犬猫問わず、日本で毛皮はいらない。血塗れファッションはいらないです。
かな | URL | 2009/01/07/Wed 02:57 [EDIT]
かなさんへ
こんばんは!
今年の目標を別のブログで紹介しています!
http://withme2008.blog118.fc2.com/blog-entry-387.html
そこでも、海外との比較、陳列販売の事をお話しています。

海外の動物愛護運動は結構過激な所もあり
全てが受け入れられる訳ではありません。
(捕鯨船に硫酸をまく団体もあります。)

毛皮を着ない運動をするために
真冬に全裸でデモ行進する団体もあります。

大切な事は、どうすれば人の認識を変えれるか
真剣に考え実行していく行動力だと思います。

そして、決して1人ではしないことです!
大きな事は1人では出来ないからです。
どれだけ多くの人達と行動できるかが大切ですね~

動物愛護をしたくても
誰と何をすればいいのか分からない人がいます。
そんな人達を動かせるような
大きな力になっていきたいです!
優希 | URL | 2009/01/07/Wed 12:58 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 優希の『ペットのお助けたい!』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。