優希の『ペットのお助けたい!』
犬を中心に、ペットサービス・しつけ・ペットカフェ・ペットショップ等の情報をお届けします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


叱る事の必要性
叱る事が出来ますか?
人間同士最近はきちんと叱れない人が増えています。

そもそも叱るとは何なのでしょう。

叱るとは
『私はあなたをキチンと見ている!
 怠けたり、悪い事だと知っていて
 怠惰な事をしたときはきちんと注意する事!』

失敗を怒るのは叱るじゃないんです、
叱るは人間関係がキチンと出来ていないといけません。
そして、叱ったら、その5倍は褒める事が必要です。

叱る事はきちんと反省してもらうためには必要ですし
叱られた理由も理解してもらう必要があります。

叱るためには
相手を理解し、悪い事をしたらそれを見逃してはいけないんです。
現実から目を背けて見なかったことにして叱らないのは
関係を悪化してしまう事になります。

このように叱る事は人間関係でも
非常に難しく、叱る前、叱った後には時間をかける必要があるんです。

今回は松岡さんの叱るについてお話します!
誰もが喜んで叱りたくないし叱られたくないよ~
松岡さんのしつけは
まず、わんこの性格を見ることから始めます。

わんこによっては叱ると逆効果なわんこもいれば
キチンと叱ればいたずらを辞めるわんこもいます。
その見極めが大切なんです。

叱った後もきちんとわんこをみます。

よく叱られるわんこは
松岡さんを見るだけで
背中がしゃきってして気合が入るわんこもいます。

叱った後、褒めると、その喜びが増します!
また褒められようと一生懸命にがんばります!

例えるなら
『すいかに塩をかけるようなもの』です。

お利巧にした方が楽しいよ!
厳しさがあるから甘さがさらに引き立ちます。
甘いばかりの毎日では
飽きてきてしまい、だらけちゃいます。
飼い主さんに対して集中してもらうことが大切です。

自由気ままに遊ぶよりも
飼い主さんに従う事を楽しいって思ってもらう
そのためにも飼い主さんをしっかり見る事。
それを覚えてもらう事が必要になってきます。

しつけ教室に来るわんこは
周りにわんこがいると注意力が散漫になり
なかなか言うことを聞いてもらえないという状況があります。

しかし、こういうときこそきちんと飼い主さんをみて
言うことを聞いてもらうのが本当なんです。

でないと、わんこが他の犬に興奮して暴走しちゃいますから
大変な事になっちゃうんです。


わんこからに
『お利巧にしてますよ~』と
おべっか使われている
松岡さんのホームページはこちら!
松岡訓練所

お問い合わせは電話かお問い合わせフォームからお願いします。
電話番号:092-691-2775
お問い合わせフォームはこちら
スポンサーサイト


犬の学校(預かり訓練・しつけ教室・アジリティ教室) 松岡訓練所 松岡憲孝さん(福岡県福岡市)
みなさんお待たせしました!
松岡さんのしつけ方法のお話です。

前回までのお話で
しつけに最適な時期や必要性が分かっていただけたと思います。

最適な時期はあるんですが
いくつになってもしつけは出来ます。
ただ、こどもの時ならまだ既成概念が出来ておらず
しつけし易いので
いくつになっても出来ない事はありません。

人間も変わろうと思えば
いくつでも変われるのと同じですね~
ただし、大きくなるほど
変わりにくくなるのは人間と同じ。

しつけ教室はこいぬの時から
通いましょうね~

さて今回から2回に渡り
注目の松岡さんの『しつけ方法』についてお話します。

こちらが松岡訓練所です。
松岡訓練所

40年の歴史がありますね~

昔のしつけのイメージは
『叩いて叱って言うことを聞かす』
そんな感じでしょうか?

しかし、今はしつけに対して
もっと効果的な方法が発見されました。

これは、ビジネスの世界でも同じ事です。

社員を教育し伸ばすために
一方的な上司命令や
目標を達成しないと給料を減らす等の制裁が
決して育てる事にならないのと同じです。

頑張ってるんでわかって欲しいわん!松岡さんはまずしつけ対象の犬を理解しようとします。
わんこは今まで色んな経験をして
そういう反応を身につけているからです。
だから、全否定してはいけないのです。
最初は広い心で許すことが大切です。

なんで吠えているのか?
今、どういった判断をこのこわんこはしたのか?

頭ごなしにダメ!と教えるのではなく
わんこの気持ちを理解する所から始めます。
そして、丁寧に教えていくのです。

わんこが教わっていない事はまず教えないといけないのです。

わんこ本人は悪い事をしたなんて思ってないのに
頭ごなしに叱られると勘違いしがちです。

だから、やってはいけない行為をしたその時に
叱らずに、丁寧に教えてあげるんです。

そして、教えたことを理解できたら
褒めてあげるのです。

喜んでもらえるから大好きだわんわんこにとってしつけも遊びの一つです。
褒められると喜んで
何回もするようになります。

松岡さんに遊びを教えてもらって
喜んでもらうことが楽しくて仕方がないんです!


つまり
してはいけない事を禁止するのではなく
して欲しい事を教えて、出来たら褒めるんです

松岡さんは
手を上げて叩く事を絶対にしてはいけないと言われます。

わんこは叩かれた原因が理解できず
ただ、手を上げると痛いことが起きるとしか
認識しないときがあるのです

そうすると
誰かが手を上げたときに
痛さや恐怖から逃れるために
手や足を噛んだり、
手に対し恐怖を覚える可能性があるんです。

悪い事をやめようとするよりも
ただ、手を怖がっているにしか過ぎません。

つまり、本当に教えたい事と別の事を覚えてしまっているので
何度でも同じ事を繰り返しちゃうのです。

手を上げたら怖がるポーズを取ると叩かれない。
手を上げなかったら悪い事をしてもOK!

これではいつまで経っても覚えてもらえません

わんこにとって
何故、叱られたのかを理解する前に
どうしたら喜ばれるのかを教える方が先なんです。

では、わんこは叱ったり、叩いたりしてはダメなの?
それは、決してそうではありません。

叱ったり、叩いたりすることも
時と場合、わんこの性格、
すべてを理解して、必要な時もあります。

詳しい事は次回の『叱る事の必要性』でお話します。


わんこからも人間からも愛される
松岡さんのホームページはこちら!
松岡訓練所

しつけ教室はマンツーマンで教えてもらえます。
だって!
どのわんこも同じ事を考えてる筈はないでしょ!
だから、わんこに合った教え方をしてくれるんです。


お問い合わせは電話かお問い合わせフォームからお願いします。
電話番号:092-691-2775
お問い合わせフォームはこちら


犬の学校(預かり訓練・しつけ教室・アジリティ教室) 松岡訓練所 松岡憲孝さん(福岡県福岡市)
第4回のお話は
『尊敬される飼い主になる』
わんこに物事を教える立場である飼い主さんは
わんこの親代わりです。

親である以上
子供を甘やかしてばかりではいけません。

でも、わんこって可愛いですよね~キラキラ
そんな、可愛いわんこに服従させたり
命令するなんて心が痛むかと思います。

でも、わんこから見れば
服従じゃなく、飼い主さんと遊んでいる
ゲームなんですjumee☆faceA6

伏せやお座りをして
飼い主さんに喜んでもらうのがわんこにとっての喜びなんです。

こういったゲームを繰り返す事で
わんこは親から大切なルールを教わるんです。

そして、その絆は飼い主さんを尊敬するという事で
現われてきます。

ずっと続くゲーム!
ずっとわんこは幸せなんです!

飼い主さんに色々教わったわんこは幸せに暮らせるんです。
きちんとした教育を受けさせる事って
人間では当たり前の事!

愛するわんこにも、社会教育を受けてもらいたい。
そう思います羅琉 ニヤリ

このお話をお聞きした
松岡さんの所へ最近、写真撮影にお伺いしました!

どうです!優しそうでしょキラキラ
所長の松岡さん


本当に優しい方ですよ!

写真撮影のときも
色々と教えていただきました。

気温が暑くなる夏場は昼間のトレーニングや
しつけ教室は行いません。

昼間に犬舎を見せて欲しいといわれてもお断りする事もあるそうです。
わんこはお昼寝しています。

それなのに見学でわんこのテリトリーに入ると
凄く興奮するからです。

興奮させていたら体温も上昇し
凄いストレスになりますからね~
夏場はわんこにとってストレスをかけすぎちゃいけないんです。

暑い時は体力消耗が激しく
熱射病にもなりやすいので
トレーニングは早朝かナイターで訓練しています。
もちろん、しつけ教室もナイターです!
7月のしつけ教室日程はこちら

わんことの散歩も出来る限り
暑い時間は避け
日中は体力を消耗しないように
涼しい場所でお昼寝させてあげて下さいね~

広大な敷地はナイター設備があります!
広いグラウンド


しつけ教室の見学は自由です!
見学はこちらからでもOK!ゆっくりみれます。
見学・雨天用テラス


気になる方は是非、
見学から始めてみて下さいね!



犬の学校(預かり訓練・しつけ教室・アジリティ教室) 松岡訓練所 松岡憲孝さん(福岡県福岡市)
松岡さんのお話、第3回目は
『わんこにとって楽をする事が、実は苦痛な事』です。

わんこlove今の教育は子供の自主性を追及しています。
やりたいことをやらせて、長所を伸ばす。
教育として間違ってはいないと思います。

しかし、子供は勘違いします。
何でも思う通りになるって。

思い通りにするためには
子供は親の上に立とうとします。

命令口調になったり
怒られるのを嫌がります。

したい事が出来ないと反抗的な態度を取ります。
親は、子供に尊敬される立場にならないといけません。

それが、何も知らない子供にいろいろと教えてあげられるからです。
子供も素直に受け入れることが出来ます。
だって!尊敬している人の言葉だから!

甘やかす教育は結果として子供を苦労させる事になります。
社会は甘くないからです。

わんこのしつけ
これって人間の教育って思うでしょ!
実は犬のしつけのお話なんです!

これがまたびっくり!
しつけって犬も人間も変わらないんですよね~

わんこが散歩に連れてって!って玄関に走ったり
お腹減ったって騒いだら食事を出したりしていると
わんこがお家のリーダーとなっちゃいます。

下の人間を動かそうとして
必死で頑張っているんです。

本来は、わんこに頑張ってもらうのは困るんです。
だって!人間社会だから。
親の飼い主さんが、社会のルールを教えないといけないんです。

でも、リーダーのわんこは教えてくれないから
頑張って教えようとしています。
そんなわんこを叱る事なんて出来ません。
あまりにも一方的過ぎます!

わんこを愛するあまり
結果としてわんこに苦労をかけているんです。

わんこが快適にすごすためには
飼い主さんがその環境を作ってあげないといけないのです。

そのためには、
わんこに社会のルールを教えるために
飼い主さんがわんこに尊敬されて
わんこの行動を管理できるようにならないといけません。

わんこって人に尽くすのって好きなんですよ!
好きな人に認めてもらうことが大好きなんです!

わんこの好きなことは
自由にしたい事をするのじゃなく
好きな人に従って喜んでもらう事なんです!

犬を飼うときのルール
1.全ての人が犬を好きではありません。
 嫌いな人のためにもリードは必ずつけましょう。
 放し飼いは法律で禁止されています。

 犬が嫌いな人はアレルギーをもっている事もあります。
 知らない人に勝手に寄っていかないようにしつけをしましょう。
2.散歩時の糞はきちんと後始末しましょう。
3.犬が吠える事を嫌がる人がいます。
 吠えさせないようにしつけをしましょう。
4.エレベーターにわんこと乗る時はきちんと抱きましょう。
 後から乗ってくる人に迷惑をかけないようにね!
5.歩道を散歩する時はわんことの距離を開けない工夫をしましょう。
 前から来る人に迷惑をかけないようにね!
6.臭いを気にする人がいます。わんこの臭いには注意しましょう。
7.ワクチン接種を行う。
 万が一の時のために、迷惑がかからないようにしましょう。
 最低限、法律は守りましょう。


犬の学校(預かり訓練・しつけ教室・アジリティ教室) 松岡訓練所(福岡県福岡市東区)
松岡さんは今週2回目の登場です。

あまりにも松岡さんのお話が深すぎて1回じゃお伝えできませんでした!!
多分、今回もお伝えできないのでシリーズ化しそう!

第2回は『社会性のしつけ』です。

教えてよぉ~松岡さんの訓練所へ来られる子は
3歳から5歳が一番多いそうです。
人間にしたら28~35歳くらいの立派な大人で
もうどうにもこうにも言うことを聞かない!


そうなって困り果てて始めて、連れて来られます。

しかし、大人に教育するのは大変で難しい。

こどもは好奇心旺盛で順応力・適応力はありますが
人間と同じで大人になってしまうと
過去の経験で物事を判断するようになり
なかなか、価値基準を変えなくなるのです。

本当は生後4ヶ月~半年。
人間の9歳までがしつけには一番いいそうです。

1歳になると、人間の17歳。
思春期真っ盛りです!
この時期に反抗期が始まります。

しかし、反抗期があるって最初から知っていたら
ちゃんと対応できると思います。

反抗期が過ぎると、大人になるので
反抗期前にしつけるのが重要になってきます。

こどもの内に人間や犬社会になれる必要があります。
おこさんが保育園や幼稚園に通うのと同じ理由です。

元気いっぱいだよ!社会に順応するためには
社会に出てからのストレスをこどもの時から
慣れていないといけませんし
こどもなら慣れやすいのです。

実際に、取材は夜の8時ごろでしたが
大勢の犬がケージで寝ていて
喧嘩や吠えることはありませんでした。
とても静かに取材できました。

社会に慣れる事。
それをせずに、家族だけの世界に閉じ込めて
いざ社会に出てみたら
過度のストレスで生きていけない。

そんなこどもが多くなっています。
これは、人間でも犬でも同じですよね~

わんこもお散歩の時に
他のわんこにやたら吠えたり、噛んだり
注意したら、逆に吠えられたり噛みつかれたりして
困ってこられる事も多いんです。

今まで、何も知らずにこどもの頃に可愛がられて
大人になって社会に出たら
思い通りにいかず、ストレスに耐えれなくなり
凶暴化したり、怯えたりしてしまう。

944-jiffe2.jpg間違った愛情が、結果として大切なこどもを
守れなくなってしまう。
そんな社会を変えるために
松岡さんはしつけ教室も行っています。

入会金は10,000円。
講習料は1回に付3,000円。
10回以上になると1,000円の割引で2,000円になります。

しかもマンツーマンで教えていただけます!

きちんと他のわんこが周りにいても注意をこちらに惹きつけれるよう
一緒に指導してくれます。

しつけ教室開催時間の確認は
ホームページでも出来ます。

予約は電話か、お問い合わせフォームでお願いします。
電話番号:092-691-2775
お問い合わせはこちら


電話の時は
『優希のブログを見ました』
お問い合わせの時は
『優希のお助けたい!ブログを見て』
と、是非!コメントを入れてくださいね!

次回は来週の月曜日!
『わんこにとって楽をする事が、実は苦痛な事』
をテーマに3回目の松岡さんのお話をお送りします!
お楽しみに!




Copyright © 優希の『ペットのお助けたい!』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。