優希の『ペットのお助けたい!』
犬を中心に、ペットサービス・しつけ・ペットカフェ・ペットショップ等の情報をお届けします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福岡市動物管理センター東部(福岡市東区)
福岡市動物管理センターの最終回のお話は
『動物管理センターの取り組み』です!

このお話を聞かせていただいた職員の方と
1時間近く立ち話をしてたんですが

丁度、入り口だったために
やぶ蚊がぶんぶん飛んできたんですよね~

私は蚊だとしても殺すのが嫌派なんですが
職員の方も同じ嫌派だったみたいで
2人で手で追い払いながらお話しました。

福岡市がんばってるったい!

さて、動物管理センターの取り組みですが
大きく2つです。
1つは動物管理センター内で行っているイベント
こいぬの譲渡会です。

こいぬの譲渡会は西部が毎月第2土曜日。
東部が毎月第4土曜日です。

スケジュールはこうなっています。

時間こ犬が欲しい方こ犬を譲りたい方
9:30~10:00こ犬が欲しい方の受付 
10:00~10:30事前講習会
◎受講後、修了証を交付します。
こ犬を譲りたい方の受付
(事前連絡が必要)
10:30~11:00こ犬との対面
◎譲渡するのは、1家族につき1頭に限らせていただきます。

◎こ犬のプロフィールや欲しい方からの質問に答えていただきます。
◎11時頃までこ犬の世話をしてください。
11:00~11:30こ犬の決定
◎1頭のこ犬に複数の希望者があった場合は抽選になります。

飼い方・しつけ方講習会

◎こ犬がもらわれなかった場合は持ち帰っていただきます。


ポイントは事前講習会です。
簡単にこいぬを飼うのではなく
飼うために必要な知識を教えてもらえます。

さらに、飼えないなら飼わないという
判断もしてもらいます。

触れ合う事が大切

そして、2つめのポイントは
飼い主には飼い方やしつけの講習会もすることです。

本来、始めてペットを飼う事が多いペットショップも
ここまで教えたり実践してもらったりするのが当然だと思います。
飼う前の知識
犬を勝つとはどういうことかを知った上で
飼うか飼わないか判断すべきだし

飼うと決めたらどうやって飼うのか。
しつけはどうするのか。
教えるのが当然だと思います。

動物管理センターの取り組みから
ここへ2度と戻ってこないように
頑張る姿勢が感じられます。

そして、2つ目は触れあい会です。
動物嫌いってどうして起こるんでしょう。

動物アレルギーっていう体質を除けば
動物に対して恐怖心となる出来事があった。(トラウマ)
つまり、しつけをされていない犬に対する恐怖があると思います。
(吠えたり、追いかけられたり)

本来、人間と犬はきちんと共存できていたはずなんです。

福岡市動物管理センター東部では
下の表のように、触れ合う事を行っています。

日時:
月曜日~金曜日10時~12時
14時~16時
場所: 東部動物管理センターふれあい広場
内容: こ犬やよくしつけられた成犬とふれあえます。
犬の健康状態によっては休む場合もありますので,事前に確認のお電話をお願いします。


さらに、出張触れあい教室もやっています。

それは、こども達が犬とかかわり合うことで、
相手を思いやる心を育てようと考えているからです。

犬と直接ふれ合う体験をする事で、
生命の大切さを実感し、心を癒し、豊かな心を育てていくと考えています。

また、いじめの問題や青少年の凶悪犯罪、動物虐待事件なども
生きもとのふれあう機会が少なくなったり、
ペットを飼いたくても住宅事情などから飼えない人が多い事で
動物とふれあう機会が少なくなり
『おもいやりの欠如』や『心の荒廃』に原因があると考えています。 

そこで福岡市では,犬による子ども達の情操教育に関する取り組みとして
「ふれあい教室」を実施しています。
これは、動物管理センターに引き取られた子犬を専用の施設で飼育し、
その子犬たちを連れて幼稚園や小学校などに出向き、
子犬とふれあう場を提供することで
生き物への優しい心と責任及び命を大切に思う心を育もうとする取り組みです。

子どもたちが動物にふれたり、心音を聞いたりすることにより、
動物も人間と同じ命をもった生き物であることを体感して
動物をいたわるこころを育み、
また、そのしぐさから動物の気持ちを理解することにより、
他人の気持ちを気づかう心の育成につながるものと考えているんです。

素晴らしい!福岡市!!

7,8月は留守家庭児童会を訪問するとの事でした。

是非、多くの子供たちに、命の大切さ
犬が与えてくれる癒しを経験してもらいたいと思います。

そして、みんな、動物が好きな心を持って欲しい。
その心さえあれば、どんな人だって好きになれる!
私はそう思います。
スポンサーサイト


福岡市動物管理センター東部(福岡市東区)
福岡市動物管理センター第2回のお話は『狂犬病予防』です。

狂犬病についてみんなに理解してほしいわん私は、このお話を聞くまで
狂犬病は過去の話で、日本にはもうないって思っていました。
天然痘みたいなイメージで考えていました。

みんなが真面目に感染予防している結果だと思っていました。

狂犬病は平成18年、2名が発症し死亡した事例があったのを最後に
日本では発生していません。

その感染も、海外で感染し、
帰国後発病しました

実際に、海外ではいまだに狂犬病は流行しています。
特に、経済的に貧困な国に多く、
予防注射をするお金や、避妊のお金がないために、
管理されていない野良犬や飼い犬が多く
狂犬病が広がりやすいんです。

狂犬病の何が怖いかって
人間が感染したら100%死に至るということなんです。
もちろん、感染した犬も死にます。

潜伏期間が1ヶ月あるため
犬に噛まれたら、噛んだ犬が狂犬病を持っていないか
確認する必要があります。

みんなで安全を作ろう!日本では安全だから狂犬病予防接種は受ける必要がないって
思ってる方もいらっしゃると思いますし
多分、その方1人が受けさせなくても
狂犬病は流行する事はないでしょう。

狂犬病の拡大を抑えるためには
全体の75%の犬に予防接種を受けてもらわないといけません。

だから、政府は、毎年、狂犬病予防接種を受ける事を義務化したのです。
違反すると、20万円以下の罰金になります。

『うちのわんこさえよければいい』
そういった考えでは、社会を守れませんし
犬嫌いな人との溝は埋まりません汗;

みんなが楽しく過ごせるように!他の人に迷惑をかけない。
犬は安全なんだって
国民全員が理解できる国にするためには
まず、飼っている人が理解してもらう行動をとるべきだと思います。

狂犬病予防接種は生後91日以上経ってからと決められています。

だから、ペットショップでこいぬを入手された時は
ほとんど、受けていないことが多いと思います。

もし、密輸入で
狂犬病をもった犬が入国してきたら?

日本の狂犬病予防接種率が100%だったら
そんな心配も無意味になります。

1人1人が意識を高める事が大切ですね~

今年行われる北京オリンピックですが
中国はいまだに狂犬病が存在しています。

北京に行っても
犬に手を出さないように注意して下さいね~


福岡市動物管理センター東部(福岡市東区)
武蔵くんを探した時に
知識があまりにも乏しかった私は
福岡市動物管理センターに色々と聞きに行って来ました。

話をお聞きして感じた事は
ここは、処分する場所ですが
出来る限り、その処分を無くすことを仕事とされています。

そのために、様々な活動を行い
それが効果を出しているんです。

これがその年度別の状況です。
(頭)
年 度1112131415161718
1,5381,274865787830532505451
4,5514,4934,1833,3763,6952,9312,6292,789
合 計6,0895,7675,0484,1634,5253,4633,1343,240



処分数がかなり減って来ています!
福岡市動物管理センターの地道な活動が数字に表れています。

特にホームページで情報を公開してからの
効果は絶大なようで
探している方や譲渡したい方の橋渡しになっています。

よくやった!インターネット!

しかし、ネットが全世帯にないため
ネット利用者がもっと情報を知って
ネットを知らない人にも伝えていただけば
多くの幸せが生まれると思います。

平成19年度からこの福岡市動物管理センターで
成犬の譲渡が開始されました。

狂犬病の注射をしてから
希望者に譲渡するそうです。

これで、さらに多くの犬が救える事になりました。

しかし、譲渡される犬には条件があります。
それは
大人しく凶暴でない事。
健康である事
社会性が身についている事


この3つです。

まだまだ、成犬の譲渡は始まったばかり
譲渡先で問題を起こして
せっかく始まった成犬譲渡を中止させたくない。

そんな気持ちが込められています。

より、多くの方が、犬の特性を理解していただき
譲渡できる範囲が広がれば
さらに、助かる命も増えるな~
そう感じました。

子犬の譲渡は大人気!

前回の譲渡会では
一般の譲渡したい参加者はいなかったものの
センターで預かっていた雑種の子犬が1匹登場しました。

その子犬を貰いたい人が10家族やってきて
そのうちの8家族が貰いたいと手を上げました。

こういった譲渡会を開く事で
1匹でも多くの犬を助けようとしています。

福岡市動物管理センターの熱いお話は
まだまだ続きます!

お話を伺っている時
本当に熱心に話していただけました!

ありがとうございました!

jumee☆faceA6携帯用ブログランキングです!
人気ブログランキング にほんブログ村


教えてもらった知識
○マイクロチップについて
福岡市では東部、西部ともISO基準を満たすマイクロチップの読取装置があります。
マイクロチップは義務化されていないために
保護された犬が必ずしもつけているとは限りません。

福岡市では1匹でも多くの犬や猫が
飼い主さんの手元に帰れるように
マイクロチップの読取装置を導入しています。

福岡市動物管理センターホームページ
福岡市動物管理センター






Copyright © 優希の『ペットのお助けたい!』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。